utinoko@kotaro

HOME ≫ スポンサー広告 ≫ 手作りコスメ時代HOME ≫ Skincare memo ≫ 手作りコスメ時代
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- -- | スポンサー広告 | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
2005年、秋。
生まれて初めて、コスメカウンターで肌診断を受け、乾燥肌と宣告される。

で、慌てて、スキンケアとやらを考え始める。
この時すでに、お味噌越え・・・遅すぎる気がしないでもないが
思い立ったが吉日ということで、ジタバタと足掻くような
スキンケア時代の始まり。
なぜかいきなり、アンチ合成界面活性剤の神様が降臨。
かなりストイックになり、手作りコスメを始める。

当時のお気に入りは、卵殻膜ローション、ベタイン、ヒアルロン酸溶液
セラミド溶液、DMAEでした。
それらを、フローラルウォーターや植物エキスの水割りに溶かし込んで
化粧水として使っていました。

クリームは、乳化剤(植物性乳化ワックス)を使うのが嫌で、レシチンで
乳化させるも、見事に失敗。
何度かやってみたけど、成功したためしがない。

リップクリームは、大量にできてしまって、驚いた。
リップクリームって意外に、内容量が少ないのね。
シンプルなレシピの方が、好きでした。

オイルは、馬油とスクワランかなぁ。
ローズヒップは、吹き出物が悪化したような思い出。
使ったことは無いけど、エミュオイルとボリジオイルを使ってみたい。

パックは、米ぬか、卵白、ハチミツ、ヨーグルト(糖鎖)、クレイ。


手作りコスメで過ごした1年半ぐらいで、以前よりは健康的なお肌になった。
という印象です。
今までが今までだったから、「手をかけたから」っていうのが正解なのかな?

お肌の調子が良くなったとはいっても、吹き出物はぷつぷつしていました。
生理前には、赤黒く大きくなってしまうので、半泣き状態。
頬の毛穴も健在。
インナードライな感じも拭いきれない。

上記の理由から、現在、手作りコスメはお休みしています。
いきなり、手作りコスメよりは、オーガニックコスメから手を出した方が
良かったかもしれない。
オイルなどをブレンドするのにも、絶妙なバランスとかってあると思うのです。
それに、使いきる前に消費期限が切れるということも多々あり
使いこなせていない感が否めない。

そして、手作りコスメは、菌との戦い。
どんなに頑張っても、市販のものよりは不安定なんだと思います。
根がいい加減なので、自分を信用できない(笑)

まぁ、ぶっちゃけちゃうと、そういうことを考えるのが面倒になっちゃった感じです。


カテゴリー:ハンドメイドコスメ にお越しの際は、こちらをご一読くださいませ。
スポンサーサイト








Designed by aykm.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。