utinoko@kotaro

HOME ≫ スポンサー広告 ≫ 涙のヒミツ その1HOME ≫ Beauty & Health ≫ 涙のヒミツ その1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- -- | スポンサー広告 | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
最近、ちょっとしたことで泣けてきます。
ドラマや映画、小さな子供向けのアニメでも(笑)

でも、泣けてくるのに涙をグッと堪えてしまうんです。

子供の頃は、ちょっとしたことであんなにピーピー泣いて
いたのに、いつの間に堪えるクセがついたのかな?

確かに、大人になると感情的な涙はどこでもOK!と云う
わけにはゆかないけれど・・・。

それにしたって、今までなら絶対に泣いていたポイントでも
涙を堪えられちゃうなんて心が乾いてるのかしら・・・?


ところで、この涙。

感情によって味が違うって知っていましたか?
喜怒哀楽による涙を 感情の涙 というそうです。

この感情の涙、自律神経に大きな関係があり、その時の気持ちに
よって分量や成分が違うんですって。



悔しい時や怒った時の涙

感情が昂ぶって落ち着かない気分ですよね。
そんな時の涙は、心を緊張させる「交感神経」
が刺激されて分泌します。

涙の量が少なく、ナトリウムが多く含まれているので
しょっぱい味がします。



嬉しい時や悲しい時の涙

気持ちが緩んで開放されている時とも言えますね。

そんなリラックスしている時の涙は「副交感神経」
が刺激されて分泌します。

水分が多く、味は水っぽい薄口。
脂肪分が少なく、カリウムが多いのも特徴です。



確かに、映画を見た時の涙は、ベタつかないのに
旦那サマと大喧嘩した時の涙はしょっぱくて
顔がカピカピになりました。

ナトリウムの量が違ったからなんですねぇ。
スポンサーサイト








Designed by aykm.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。