utinoko@kotaro

HOME ≫ スポンサー広告 ≫ お手製ミルクレ Ver.2HOME ≫ Handmade cosme ≫ お手製ミルクレ Ver.2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- -- | スポンサー広告 | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
以前作ったミルクレの使い心地の悪さに撃沈・・・。
今度こそ、ゆら好みのミルククレンジングを作ろうと
あちこちでレシピを見て回ってある結論にたどり着きました

オイル×リキッドソープ×オプション

このオプションはリキッドソープの乳化を安定させる為の
補助剤または安定剤的なモノだと解釈しました。
(スキンケア効果の要素も十二分にあると思います。)
まぁ、お手軽に乳化剤を使用すれば
良い事なのですが、手作り用と謳っている
乳化剤にも合成界面活性剤は含まれています。
非合成界面活性剤にレシチンがありますが
ゆらにとってレシチンは天敵・・・。
うまく乳化させられないのです(ー'`ー;)

あちこちで見て回った結果、補助剤&安定剤的な
モノとは以下の数種類ではないかと。
クレイ ゼラチン ガム類*

*このガム類というのはキサンタンガムやグアガム。
作り方
ゼラチンとキサンタンガムをお湯でふやかす。
別容器*でクレイにたっぷりお水を含ませる。
クレイが十分お水を吸い込んだら
オイルとリキッドソープを投入してよ~くシェイク。
そこに、先程のゼラチンとキサンタンガムを
ふやかした物を投入して更にシェイク。
ここで手に取って、お好みの使い心地に
なるように調整してみてください。
最後にお好みでEOを足してシェイクしたら出来上がり♪

m+s2


えーっと、細かい分量のレシピはありません・・・(*v.v)
THE☆目分量!
いい加減すぎでゴメンナサイ。

オイル、クレイはお好みで。
クレイに含ませるお水は、芳香蒸留水や
化粧水でも良いと思います。
キサンタンガムは無くてもOKだと思います。
冷めるとゼラチンでとろみがきつくなるのでご注意を。
スポンサーサイト








Designed by aykm.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。