utinoko@kotaro

HOME ≫ スポンサー広告 ≫ ヴェラ・ドレイクHOME ≫ Movie ≫ ヴェラ・ドレイク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- -- | スポンサー広告 | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
ヴェラ・ドレイク


   監督 : マイク・リー
   製作 : 2004年 フランス/イギリス/ニュージーランド
   出演 : イメルダ・スタウントン 
        フィル・デイヴィス




1950年代、ロンドン。
愛する夫スタンと2人の子供に囲まれて
幸せに暮らすヴェラ。
家政婦として働くヴェラは、困っている人を見ると
放ってはおけない親切な人柄で、いつも明るく
片時も手を休めることのない働き者。
そんな彼女には家族にも言えない秘密があった。
ヴェラの家族にも言えない秘密とは
望まない妊娠をした女性の堕胎処置を行っていたことです。
当時、人工的な中絶は法律で禁じられており
止むを得ず中絶手術を受ける際には、医師の診断と
高額な費用が必要でした。
彼女は、違法と知りながらも、困っている女性達を無償で
「助けて」いたのでした。


母の罪を許せない息子と、妻の罪に衝撃を受けながらも
彼女のすべてを受け止めて許している夫との会話が
心に残りました。
許すという心の葛藤を見せられたような気がしました。

許すことができない心の狭さは、自分を苦しめる。
それが分かっていながら、心の深いところでは
人を許せないというのは、何とも滑稽だけど
今のところゆらは、時間に助けられ、誤魔化し
ながら折り合いをつけているといった感じです。
許すというのは忘れてしまうこととは違う。
それは分かっているのですが。

どうしようもなかったことを許せないと
思っているゆらが、信念に基づいて罪を
犯してしまった家族を許すことができるだろうか?
そんなことはない方が良いに決まっているけれど
もしも、そんなことがあったら、一緒に受け止め
一緒に苦しむことができるような人でありたい。
そして、無条件で許せる人でありたい思いました。



マイク・リー監督の演出は独特で
俳優には、それぞれの役以外のことは教えずに
シナリオだけを渡し、数ヶ月もかけてリハーサルを
繰り返して、俳優達と一緒にキャラクターを作り上げます。
そして、キャラクターが出来上がった時点で
それぞれが対面し、ほぼ即興で演じさせているのだそうです。
その演出が、絶妙な緊張感を伴って観る側に伝わります。

警察の突然の訪問に戸惑う家族、取調べを受けるヴェラ
ヴェラが保釈されて家族と過ごす最悪のクリスマス。
この時のセリフも、脚本家によって冷静に考えられた
台詞ではなく、登場人物達の言葉なのだと感じました。
スポンサーサイト


Comment
コメントありがとうございます♪
内緒コメントへのレスは、ここでは控えさせて頂きますね。
だって・・・内緒話なんだも~ん。

管理人より
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Secret: 内緒コメントの場合はチェックを入れて下さいね。
 






Designed by aykm.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。