utinoko@kotaro

HOME ≫ Movie
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- -- | スポンサー広告 | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
ヴェラ・ドレイク


   監督 : マイク・リー
   製作 : 2004年 フランス/イギリス/ニュージーランド
   出演 : イメルダ・スタウントン 
        フィル・デイヴィス




1950年代、ロンドン。
愛する夫スタンと2人の子供に囲まれて
幸せに暮らすヴェラ。
家政婦として働くヴェラは、困っている人を見ると
放ってはおけない親切な人柄で、いつも明るく
片時も手を休めることのない働き者。
そんな彼女には家族にも言えない秘密があった。

ヴェラの家族にも言えない秘密とは
望まない妊娠をした女性の堕胎処置を行っていたことです。
当時、人工的な中絶は法律で禁じられており
止むを得ず中絶手術を受ける際には、医師の診断と
高額な費用が必要でした。
彼女は、違法と知りながらも、困っている女性達を無償で
「助けて」いたのでした。


母の罪を許せない息子と、妻の罪に衝撃を受けながらも
彼女のすべてを受け止めて許している夫との会話が
心に残りました。
許すという心の葛藤を見せられたような気がしました。

許すことができない心の狭さは、自分を苦しめる。
それが分かっていながら、心の深いところでは
人を許せないというのは、何とも滑稽だけど
今のところゆらは、時間に助けられ、誤魔化し
ながら折り合いをつけているといった感じです。
許すというのは忘れてしまうこととは違う。
それは分かっているのですが。

どうしようもなかったことを許せないと
思っているゆらが、信念に基づいて罪を
犯してしまった家族を許すことができるだろうか?
そんなことはない方が良いに決まっているけれど
もしも、そんなことがあったら、一緒に受け止め
一緒に苦しむことができるような人でありたい。
そして、無条件で許せる人でありたい思いました。



マイク・リー監督の演出は独特で
俳優には、それぞれの役以外のことは教えずに
シナリオだけを渡し、数ヶ月もかけてリハーサルを
繰り返して、俳優達と一緒にキャラクターを作り上げます。
そして、キャラクターが出来上がった時点で
それぞれが対面し、ほぼ即興で演じさせているのだそうです。
その演出が、絶妙な緊張感を伴って観る側に伝わります。

警察の突然の訪問に戸惑う家族、取調べを受けるヴェラ
ヴェラが保釈されて家族と過ごす最悪のクリスマス。
この時のセリフも、脚本家によって冷静に考えられた
台詞ではなく、登場人物達の言葉なのだと感じました。

Close↑

スポンサーサイト


銀河ヒッチハイク・ガイド

好き嫌いが、ハッキリと分かれる映画だと思います。
ゆらはダイスキです。
一言で言っちゃうと、SFぉバカムービー。
笑える小ネタが随所に散りばめられた、愛すべき映画ですょ。

太陽系を通る、銀河バイパス建設のために、あっさり破壊された地球。
最後の地球人のアーサーが、銀河系最大のベストセラーである
「銀河ヒッチハイク・ガイド」片手に宇宙を旅するお話。

以下はネタバレ。

人類は、地球で3番目に知的な生物で、2番目に知的なイルカは
地球の消滅を事前に知っており、ボディーランゲージで人類に地球滅亡の危機を
伝えようとするも、人類は、イルカがエサが欲しくて芸をしていると思い込んでいた。
イルカたちは「so long and thanks for the fish」と言い残して地球を去る。
オープニングは、この「so long and thanks for the fish」が歌になっていて
鼻歌にはもってこい。

ここですでに笑っちゃってるゆらは、笑いの沸点が低い予感。
いいの。その方が幸せだから。

でも、小ネタが満載すぎて「ぷぷぷっ」となってしまうのですょ。
銀河ヒッチハイク・ガイドが、売れている理由。
銀河ヒッチハイカーには、バスタオルが必需品であること。
やけにハイテンションな宇宙船のコンピューター、エディ。
いつもブルーなロボットに、開閉するたびにため息をつくドア。
ヴォゴン人のクチビルの気持ち悪さ。
(↑うそ。コレは笑えない。キモチワルすぎ。)


ゆらの笑いの沸点が頂点に達したのは
銀河系史上2番目に高い知能と機能を持ったコンピューター、ディープソード。
彼女(彼?)の、肘をついて首をかしげている姿は可愛いのだけれど
「生命 宇宙 そのすべて」の問いについて、750万年もかけて出した答えが最高。

これから、この映画を観ようと思っている方は、映画で楽しんでくださいね。

この「生命 宇宙 そのすべて」にGoogleが答えてくれますょ。


銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)
   イギリスのラジオドラマからスタートした
   「銀河ヒッチハイク・ガイド」
   その後、ゲーム、舞台、TVドラマにもなり、小説では
   シリーズ化されていて、計6作あるそうです。  
   (なんで、表紙がクジラなの?)

Close↑



今の日本の社会問題のひとつである、終末ケアをテーマにした
「終わりよければすべてよし」を観てきました。

神保町の岩波ホールでの上映最終日は満員でした。
30分前に開場でしたが、その数十分前からすでに行列ができていました。
年齢層はかなり高く、団塊の世代というよりも、ご高齢の方が多かったように思います。


owariyokereba


この映画は、日本とオーストラリア、スウェーデンにおける、終末期医療を取材した
ドキュメンタリー映画です。

厚生労働省(2003年)の統計によると
病院で死を迎える人が80%、自宅で死を迎る人はたった13%なんだそうです。

数ヶ月前に亡くなったばぁちゃんは、その13%のうちのひとりでした。

在宅で最期を迎えるということは、その人の命に係わることの
ひとつひとつを、家族が決断しなくてはなりません。
それは、家族にとっては迷いとなり、苦しみとなります。
例え、本人の意思で決断していたとしても、迷いや苦しみは同じ様に生じると思います。
そして、その人(要介護者)の少しの変化にも一喜一憂するのです。
気持ちのアップダウンはとても激しいです。
覚悟ができていても、ちょっとしたことで気持ちが噴き出してしまうのです。

しかし、それ以上に、幸せも感じます。
不思議なことですが、その人が、ばぁちゃんがいてくれる事が幸せなのです。

ばぁちゃんは、義父が亡くなった時、義母に言ったそうです。
「とうとう、厄介者になっちゃったねぇ。」って。
義母は、ばぁちゃんに即答したそうです。
「そんなことないよ。ばぁちゃんはうちの宝だよ。」と。

そう。
家族の宝になるのです。
ばぁちゃんは我が家の宝でした。

迷いや苦しみは感じて当然です。
宝物のばぁちゃんが、どうしたら安楽で幸せな気持ちでいてくれるのか・・・。
在宅介護とは、そんな宝物を家族全員で大切に包み込むという
人生の大仕事をしているんですから。



人が最期を迎える時、医療の力はとても大きいと思います。
いや、大きかったです。
現代の医療は、体の痛みを和らげたり、消し去るだけではなく
心の痛みをも和らげてくれます。
家族の心の痛みも、医療で和らげてくれます。
医療は、決して、延命することだけがすべてではないのです。

映画の中で、太田医師も仰っていました。
「ああいう治療(心の痛みを緩和する)にこそ
今の医学の力、医療の力をつかってあげたい」と。


この映画は、医療側からの視点で作られた終末期ケアということでしたが
介護というのは、どこか一方からだけの働きかけでは絶対に足りないのだ。
と痛感させられました。
それは、当然の事だと思っていましたが、実際に介護に携わってみると
当然であると思っていたことが、実際は当然のこととして扱われていないのです。
正確に言うと、追いついていない・・・。


理想と現実のギャップ。


そんな一言で片付けられない時代が、もうすぐそこまでやってきています。
日本の高齢化率は、2025年には30%になると予測されています。
今日の最終上映に、ご高齢の方々が多かったことが、その不安を物語っていると思いました。

Close↑



モンスター 2枚組

この映画は実在するアメリカ初の女性殺人鬼
アイリーン・ウォーノスのお話です。

主役は、驚く無かれシャリーズ・セロンです。

この映画を見た後、逮捕から死刑執行までを追った
ドキュメンタリーも観たのですが、彼女はアイリーンそのものでした。

体重を10キロ以上も増やした彼女は、他の映画で見せる
ブロンドのうっとりするような美しさなんて欠片も無く
口を開けば口汚い言葉しか出てこないアイリーンの
鬼気迫る独特の表情までも見事に演じきっていました。

映画を見終わった後に、彼女の純粋さや弱さや絶望は
どうしようもなく心の底の方にへばりついて残ります。

アイリーンはただただ、セルビーに愛され、二人で生活
することを望んだのだと思います。


アイリーンが最後の希望を見出したセルビーは
彼女を愛していたのでしょうか?

最後までこの疑問は心から消えませんでした。

映画だけではアイリーンの生い立ちが分かりづらいかと思います。
モンスターをご覧になったら、是非こちらもご一緒に。


アイリーン 「モンスター」と呼ばれた女
アイリーン「モンスター」と呼ばれた女

Close↑









Designed by aykm.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。