utinoko@kotaro

HOME ≫ Grandma
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- -- | スポンサー広告 | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
なかなかアップできずにいたエントリ。

先月、ばぁちゃんが亡くなりました。

最期まで家に居たいと言っていたばぁちゃんは
入退院を繰り返し、大好きだった甘いものも
食べられなくなっていました。
2週間~1ヶ月ぐらいの間隔で輸血も必要でした。


「食べられなくなったらおしまいだねぇ。」


と言っていたばぁちゃん。
家族も、みんなそう思っていました。
そういう覚悟はしているつもりでした。


でも・・・一緒に話しをして笑ってくれる。

でも・・・わんこ達を愛でて笑っている。

でも・・・

でも・・・

「でも・・・」がいっぱいでした。


そんな時、病院の先生が

「中心静脈栄養のポートを作りませんか。」

と言って下さいました。


大きな病気が見つかって、食べても消化できない。
胃が、ガスと残留物でパンパンになって苦しくて
それでも、お腹をさすってあげることしかできない。

そんな自分の無力さに打ちのめされていても
心にいっぱいの「でも・・・」に後押しされて
中心静脈栄養のポートを埋め込む手術をお願いしました。


退院後はゆら達の看護士さんごっこ生活が始まりました。
おむつ交換、点滴、吸引・・・。
ゆらは日勤。旦那様は夜勤。
そんな生活が3ヶ月ほど続きました。
今までで一番辛く苦しい時間でした。
生まれて初めて眠れない辛さを経験しました。
精神安定剤とやらを飲まないと眠れない日々でした。



この4年間で「覚悟してください。」
なんて言葉を何度言われたか分かりませんが
不思議とゆらは「え~?まだ大丈夫だよ。」と思っていました。
初めて言われた時は、ビックリして泣き崩れましたけどね(笑)
旦那サマにも
「先生はあんなコト言っていたけど、ゆらはまだな気がするんだよね。」
「桜も見られるし、お相撲だって観られるような気がする。」
なんて言っていました。

その霊的ともいえる勘は見事に当たり続けましたが
最期の時はいつの間にかでした。
ゆらが、実家の母と電話で話している時に・・・。
電話の途中で、ばぁちゃんの様子を見に行ったら
もう息はしていませんでした。

「ばぁちゃん ばぁちゃん」

まだ温かいのに、眠っているみたいなのに息はしていませんでした。

睡眠薬を使ってやっと眠ったばかりの旦那サマを起こして
訪問看護さんに連絡を入れ、家族みんなに
「ばぁちゃんがね、息をしてないの。」
とだけ伝えるのが精一杯でした。


旦那サマの「お疲れ様ね。」の一言でやっと涙が出ました。


最期の時のばぁちゃんの寝顔のように安らかな顔と
あの時の旦那サマの優しい顔にとても救われました。



そんな風に終わりました。

もうすぐ四十九日です。

ばぁちゃん、向こうのみんなに会えたかな?

Close↑

スポンサーサイト


ばぁちゃんが帰ってきて数週間。

ちょっと心配な病気も見つかって、以前より食欲がガクンと落ちてしまいましたが
元気で穏やかに過ごしてもらえることだけを、考えてすごしてきた数週間でした。


昨晩、旦那サマが

「何が起きても大丈夫。気持ちはよぉ~く分かるけど大丈夫だよ。」

と言ってくれました。
そこで初めて、肩に力が入っていた事に気付く私。


ま、またかいいいいっ!

と、心の中で自分に突っ込みを入れましたが、ある意味、しっかり
(というか、やっと?(笑) 覚悟ができちゃってる今は、ヘンな罪悪感が
顔を出したり、「だって!」なんて言葉は出てきませんでした。

頑張らなくていいんだった。

頑張ることが必要だったのは
私が心の準備をすることだったんだもんね。

キレイ事じゃなく、ばぁちゃんの介護が辛かったことは1度もないのです。

最初は環境の変化についてゆけず・・・。

次は、自分に何ができるのか、介護って何をすることなのかが分からず・・・。

その次は、ばぁちゃんが居なくなっちゃうことが悲しくて悲しくて・・・。

最後に、悲しくて悲しくて仕方ないから、「まだまだ…」 「もっと…」と
肩に力が入ってしまう。
で、そんな自分を責めちゃう。
そうすると、ただただ辛い。
その辛いが罪悪感に変わってしまう・・・。

最後の
「悲しみ→自己嫌悪→罪悪感」
の無限とも思われるループが一番辛かったんです。
そして、長かった(笑)

でもね・・・




最初から、家族のみんなが、ばぁちゃんのことと同じぐらい
私の心配をしてくれていました。

本当にどうもありがとう。

みんなのお陰で、「ばぁちゃんが一緒に居てくれる幸せ」
だけを感じています。


最後に、ずーっとそばで支えてくれた旦那サマには感謝と愛を。

Close↑



2006/11/13 Mon | Grandma | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
今日、ばぁちゃんのお見舞いに行ったら
半分夢の中みたいでしたが、少しだけお話ができました。

「おなかがすいた」って言っていました(笑)

もう96歳なので、梗塞だけでなく、他にも心配な要素はあるので
油断は禁物ですが、ちょっと一安心です

私は、失恋してもモリモリ食べるし、しっかり眠れちゃうぐらいなので
とっても元気です。

ご心配おかけしました。

そして、優しい言葉を沢山、沢山ありがとうございました。
とっても心強かったです(*^^)


2006/05/02 Tue | Grandma | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
ばぁちゃんが脳梗塞で入院しました。


様子を見ていた2日間、ばぁちゃんのそばには
亡くなったおじいちゃんから昔飼っていたわんこたちまでが
会いに来ていたようで、一晩中お話していました。


相当の人気者です。


今はほとんど意識がなく、声をかけても返事をしてくれませんが
話は聞こえているようで

「ばぁちゃん、帰ってきたら毎日お寿司だよ。」

って言ったら、ちょっと笑っていました。

(↑お寿司は、ばぁちゃんの大好物。)


なんかね、頭がぼーっとしています。

ばぁちゃんのことだから、元気になってひょっこり帰ってきそうな気もするし。


今はいい夢でも見ているのかなって思うような顔して眠っています。


2006/05/01 Mon | Grandma | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★
鏡の法則というお話を知っていますか?

ネットで話題になっているようです。
ちょっと長いですが、とてもいいお話です。
良かったら読んでみてください。


< 鏡の法則 >

PDF版  HTML版

(Page 4からが本編です)


続きは、感想というかゆらのことなのでお時間があったら・・・。

以前も書きましたが、ばぁちゃんを心配し、小さなことに動揺する私に
義母がよくこんなことを言ってくれます。

「人生、起こっちゃいけないことなんて何もないのよ」


このお話を読んで、義母は、B氏のいう「人生という鏡」から
目をそむけずに、きちんと見つめられている人なのではないかと思いました。


「人生という鏡」を見つめることができていれば、何かが起こる前から
「起こっちゃいけない」ことなんて考えもしないし、覚悟もできる。
私が「ばぁちゃんの最期を受け止められる覚悟をする」ということも
「人生という鏡」を見つめられているかどうかなのではないか?

そんな風に思いました。


結婚し、ばぁちゃんの介護をしている生活の中で、日々周りの人に
恵まれていると思いますし、感謝の気持ちでいっぱいですが
どこか、「人生の鏡」を見落としている部分があるのかもしれません。

Aさんのように心のどこかで誰かを責めたり、感謝の気持ちを
伝えられていない人がいるのかもしれません。
もう少し考えてみようと思います。


私の覚悟への旅はまだ完結していないようです。


最後に・・・
義母が言う「人生、起こっちゃいけないことなんて何もないのよ」って
「人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを気づかせてくれるために起こる」
ってことなのですね。

Close↑



2006/03/31 Fri | Grandma | Comment(-) | TB(-) | ★管理人用記事編集ページ★






Designed by aykm.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。